SSブログ
前の10件 | -

東海道歩き 18の5 (5月11日) [東海道歩き(昔の記録)]

しばらく良い天気が続きました。

しかも昼間だけです。

一昨日の夕方久しぶりに夕焼けの空を見ることが出来ました。

Z62_0188.jpg

2009年~2012年の東海道歩き旅の記録を続けます。
この頃は、このブログはまだ始めていませんでした。
 東海道歩きの記事は始めて公開します。
掲載している写真は当時のものです。
記憶が曖昧な部分もありますので、ご了承願います。

shitirititle.jpg

笠寺にお参りした後、市街地に入りました。

IMG_0802.jpg

広い道から狭い道になります。

IMG_0804.jpg

街角にはこの辺りの案内板が立っています。

IMG_0805.jpg

裁断橋跡というところに来ました。

IMG_0806.jpg

裁断橋の案内版がありました。

IMG_0807.jpg

道は狭くなり、東海道の表示があります。

IMG_0808.jpg

さらに進ん行くと、昔からの店のような通りになりました。

IMG_0809.jpg

その後進んでくとこんな所に出ました。

IMG_0811.jpg

宮の渡しがあった所で公園になっています。

昔の灯台(常夜灯)と言われる建物が立っています。

IMG_0814.jpg

後ほど復元されたようです。

IMG_0812.jpg

広重の絵にも描かれています。

IMG_0816.jpg

モニュメントになっていますが、写りが悪いです。

IMG_0815.jpg

浮世絵の復刻版です。

船の多さから見ると、随分にぎわった湊だったのでしょう。

e15112e0efad61aa7ae664211f87a8569bcf026c.15.2.9.2.jpg

昔はここから桑名までの船旅でした。

map2.jpg

もう一度常夜灯を見てこの場所を離れます。

IMG_0818.jpg

古そうな建物がありましたがグループホームでした!!

IMG_0820.jpg

帰途に就きますが、ここまで来たならば、熱田神宮にお参りして帰りましょう。

熱田神宮に向かいます。

IMG_0821.jpg

本日もご訪問ありがとうございました。

今日は病院通いで皆さんの訪問が遅れます。

+++++++++++++++++++++

集団接種の申し込みが始まったとか。

東京では自衛隊が場所と人を支援するらしいです。

なんでもかんでも自衛隊頼み。

コロナをばらまいたC国が毎日のように、尖閣にちょっかい出しているのに・・

何処かおかしい????

nice!(17)  コメント(5) 

東海道歩き 18の4  5月8日(土) [東海道歩き(昔の記録)]

東海道歩き、段々、名古屋の中心に近づきました。

東海道歩きの記録を続けます。

2009年~2012年の東海道歩き旅の記録を続けます。
この頃は、このブログはまだ始めていませんでした。
 東海道歩きの記事は始めて公開します。
掲載している写真は当時のものです。
記憶が曖昧な部分もありますので、ご了承願います。

20100831title(4).jpg

有松のきれいな街並みを出て、鳴海宿の方に向かいます。

IMG_0773.jpg

地面に案内が埋めてあります。

IMG_0776.jpg

高札場が復元されているようでした。

IMG_0777.jpg

この辺りの案内も一緒に掲示してあります。

IMG_0778.jpg

鳴海宿の本陣跡の案内があります。

IMG_0781.jpg

恐らく、この山車の車庫の辺りでしょう。

IMG_0782.jpg

こんな建物がありました。

まだ朝ですので、

入るわけにはいきません。

IMG_0784.jpg

道が狭くなり、通勤時間帯の車の行列が続きます。

歩くのも大変です。

IMG_0785.jpg

常夜灯も朝には役に立ちません。

IMG_0786.jpg

水路の上でしょうか、歩道があると助かります。

IMG_0787.jpg

所々に、電柱にこの「絵」があります。

IMG_0774.jpg
猩猩(しょうじょう)は、
古典書物に記された架空の動物です。
 
真っ赤な能装束で飾った猩々が、
舞い謡い、能の印象から転じて大酒家や赤色のものを指すこともあるそうです。

 

IMG_0774_02.jpg

祭りに使われるお面はこんなお面です。

猩々.jpg

混雑した細い道からメインの通りに出ます。

IMG_0788.jpg

道は天白川に掛かり、橋を渡ります。

IMG_0789.jpg

しばらく行くと、知多街道、東海道の分岐に差し掛かります。

IMG_0790.jpg

笠寺の一里塚前を通ります。

IMG_0791.jpg

しばらく行くと、笠寺の前を通ります。

IMG_0792.jpg

真言宗智山派 天林山  真言宗 笠寺観音(笠覆寺)です。

名古屋城を中心に恵方がめぐる尾張四観音の一つです。 

立派なお寺でした。

IMG_0793.jpg

赤いから稲荷神社かと思っていました。

IMG_0794.jpg

昔、仕事で近くまで来たことがありました。

IMG_0796.jpg

静かな道になります。

IMG_0797.jpg

東海道の宿駅制度の記念碑が立っています。

IMG_0799.jpg

本日もご訪問ありがとうございました。

++++++++++++++++++++

何時も、午後7時前の天気予報を見ますが、最近はほとんど当たりません。

特に気温に関しては、私の体感と実際が違うのか、毎日寒いです。

++++++++++++++++++

オリンピックは、否定ムードが高まってきました。

IOCのバッハ会長はぼったくり男爵などと報道されています。

本当に中止して欲しいです。

nice!(78)  コメント(22) 

東海道歩き旅 18の3  5月5日(水) [東海道歩き(昔の記録)]

今日は端午の節句ですが、最近、鯉のぼりを、見たことはありません。

20100831title.jpg

2009年~2012年の東海道歩き旅の記録を続けます。
この頃は、このブログはまだ始めていませんでした。
 東海道歩きの記事は始めて公開します。
掲載している写真は当時のものです。
記憶が曖昧な部分もありますので、ご了承願います。

前日桶狭間の合戦場まで行き、知立に戻り、ホテルに泊まりました。

起床は5:30頃です。

IMG_0743.jpg

その頃のビジネスホテルは、朝食付ではなく前日買っておいたパンで朝食としました。

知立の駅にはこんな幟が立っていました。

IMG_0745.jpg

電車で中京競馬場まで行き出発します。(6:30頃)

昨日立ち寄った桶狭間の合戦場近くを進みます。

通勤時間帯なのか、車の量が多いです。

IMG_0746.jpg

やがて静かな道になりました。

IMG_0747_01.jpg

昔の街並みになりました。

IMG_0749.jpg

家にはこんな看板を付けているところがあります。

IMG_0748.jpg

そして、各家には、こんな暖簾がかかっています。

IMG_0760.jpg

この通りはちょうど電線の地中工事が行われていました。

IMG_0751.jpg

電線が無いとすっきりしますね。

IMG_0752.jpg

立派な家ですね。

IMG_0753.jpg

こんな暖簾もあります。

こんな生地で浴衣を作ればおしゃれですね。
最近はマスクも作っているとか・・・

IMG_0754.jpg

有松絞りは、竹田庄九郎が豊後の絞り染を参考にこの地の名産品になりました。
(朝早いのに「氷」の幟が出ています)

IMG_0756.jpg

旧藩時代の遺構をとどめている、服部家の屋敷です。

IMG_0758.jpg

広重の浮世絵の鳴海宿です。

 この辺りでは絞り染めが名産で、鳴海絞やすぐ近くが産地の有松絞の店を描いています。

41鳴海.jpg

観光客も多いのでしょうね。

IMG_0755.jpg

もうここは名古屋市なんですね。

IMG_0762.jpg

工事中の場所も残っています。

IMG_0763.jpg

地面にはこんなプレートが埋めてあります。

IMG_0764a.jpg
IMG_0766.jpg
IMG_0768.jpg

当時はこの辺りで工事区間は終わりそうでした。

IMG_0769.jpg

有松の一里塚があった様です。

IMG_0765.jpg

有松地区も終わります。

IMG_0770a.jpg

進んでゆくと、「瑞泉寺」という寺院がありました。(鎌倉にも瑞泉寺がありますが・・)

IMG_0771.jpg

立派な門構えでした。

IMG_0772.jpg

今日はまた天気が崩れるとか。

安定しません。

本日もご訪問ありがとうございました。

**************

相変わらず政府の無策が続いています。

テレビではオリンピック予選ばかり・・・

nice!(86)  コメント(25) 

東海道歩き旅 18の2 5月2日 (日) [東海道歩き(昔の記録)]

昨日は午後からなんとなく曇りの模様になりました。

おまけに、午前、東北地方で大きな地震があり、該当地域ではびっくりされたことでしょう。

更に、横浜、三浦地方では、夕方には強い雷鳴が響き、荒れた天気でした。



4月30日は病院に行く用事がありましたが、非常にさわやかな、良い天気でした。

昨日から5月になりました。

img003ss.jpg

残念ながら午後から雷雨になり、今日は少し崩れるような雰囲気です。


・・・・・・・・・・・・・・・

2009年~2012年の東海道歩き旅の記録を続けます。
10年前はこのブログはまだ始めていませんでした。
 東海道歩きの記事は始めて公開します。
掲載している写真は当時のものです。
記憶が曖昧な部分もありますので、ご了承願います。

20100831title.jpg

前回の記事では、岡崎から知立に向かって進んでいました。

<  お断り  >

前回の記事に掲載しています「西雲寺」は、「永安寺」の「雲竜の松」と順番が逆でした。



とはいえ池鯉鮒宿に向かって進みます。

池鯉鮒宿は現在では知立という地名になっています。

池鯉鮒(ちりふが現在の知立になったとか)

猿渡川の橋に差し掛かります。

IMG_0701.jpg

これまでは安城市でしたが、ここから知立市になります。

IMG_0702.jpg

橋の欄干に松並木のデザインが・・

IMG_0703.jpg

私が通った10年前はこんなのどかな田園地帯でした。

IMG_0704.jpg

来迎寺の一里塚に差し掛かりました。

普通、一里塚は榎を植えることが多いけど、ここは代々松の木と決まっているらしいです。

ゴミの集積所になっているのが????

IMG_0706.jpg

道は松並木の道になってきました。

IMG_0708.jpg

幹線道路ではないので、静かな道です。

IMG_0710.jpg

歩道部分があるので、歩き易いです。

IMG_0711.jpg

松並木の案内看板がありました。

IMG_0712.jpg

池鯉鮒宿の中心だったところでしょう。

IMG_0713.jpg

広重の浮世絵はこんな絵です。

   <  池鯉鮒宿  >
江戸からここまでおよそ10日かかったと言われています。

馬市で有名で、絵からもその様子が見て取れます。

40池鯉鮒.jpg

知立の駅前ですが、この日はこの辺りのホテルを予約していました。

IMG_0717.jpg

池鯉鮒宿の中心地あたりでしょうか。

IMG_0718.jpg

江戸時代に描かれた昔の屏風絵の看板がありました。

IMG_0719.jpg

今は、当時の多くの寺院が残っています。

横道を覗くと奥の方に小さなお寺が見えます。

密蔵院というお寺の様です。

IMG_0720.jpg

知立のホテルを予約してありますが、もうしばらく進みます。

IMG_0721.jpg

今岡の町並みのような古い町並みもところどころ残っています。

IMG_0724.jpg

たまたま門が開いていました。

IMG_0725.jpg

境川の橋を渡ります。

三河の国から尾張の国に入ります。

この写真、わざとぼかしてあります。

IMG_0727.jpg

平凡な道に変わります。

IMG_0728.jpg

普通の道と言っても案外静かです。

IMG_0732.jpg

元々は松並木があったんでしょう。

IMG_0733.jpg

こんなお寺がありました。

鎌倉の大仏も「高徳院」ですが・・・

IMG_0740.jpg

この近くでは、昔、桶狭間の合戦があった場所です。

IMG_0737.jpg

このような案内が立っています。

IMG_0738.jpg

ホテルに帰る時間もあるので駅に向かいます。

大きな馬蹄があります。

IMG_0736.jpg

中京競馬場の駅でした。

IMG_0742.jpg

真夏ですので競馬は開催していませんでした。

電車に乗って知立駅に戻ります。

本日もご訪問ありがとうございました。
+++++++++++++++++++++++

S首相はオリンピックのために看護師(元を含む)を500人集めるとか???

そうでなくても医療逼迫しているというのに、よくも平気でそんなことが言えるな・・・

コロナ患者(人の命)よりオリンピックが大事なんだろうか??????

腹が立ってたまりません・・・

nice!(79)  コメント(23) 

東海道歩き旅 18の1(4月29日)(木) [東海道歩き(昔の記録)]

しばらく失礼しました。

最近あまりにも気温の上下が激しいので、体が不調でした。

東海道歩きの記録に戻ります。

2009年~2012年の東海道歩き旅の記録を続けます。
10年前はこのブログはまだ始めていませんでした。
 東海道歩きの記事は始めて公開します。
掲載している写真は当時のものです。
記憶が曖昧な部分もありますので、ご了承願います。

前回の記事では、2010年8月5日に岡崎まで行きました。

20100805map.jpg

今回は岡崎から出発します。

20100830title.jpg

毎回同じ電車に乗ります。

大船発5:44の各駅停車に乗り、何回か乗り換えて岡崎公園駅に着いたのは10:25でした。

新幹線を使う方法もありますが、昔の人は歩いたところ、ここまでずっと各停で来ました。

IMG_0672.jpg

早速歩き出しますが、良い天気で暑そうです。

IMG_0673.jpg

細い道に入って行きます。

IMG_0674.jpg

八丁蔵通りの看板があります。

IMG_0675.jpg

八丁味噌の蔵が並んでいます。

IMG_0676.jpg

このような古風な会社もありました。

IMG_0677.jpg

まだまだ蔵が並んでいます。

通りは狭いです。

IMG_0679.jpg

味噌の作り方の看板がありました。

IMG_0680.jpg

この蔵は比較的新しい蔵でした。

IMG_0683.jpg

この道標を見て進みます。

IMG_0681.jpg

やがて、狭い通りを抜けて、広い川に出てきました。

IMG_0684.jpg

ここにかかっている橋が矢作橋です。

IMG_0685.jpg

広重の「絵に」も描かれてます。

39岡崎.jpg

今は舗装道路の矢作橋を渡ります。

IMG_0686.jpg

矢作川を渡ると、普通の道になります。

IMG_0687.jpg

空は青空、良い天気でした。

IMG_0688.jpg

西雲寺というお寺がありました。

IMG_0689.jpg

他の建物を入れると立派なお寺です。

IMG_0690.jpg

そのまま進みます。

松並木が見えてきました。

IMG_0691.jpg

現在はどうかわかりませんが、松並木が残っています。

IMG_0692.jpg

やがて、永安寺というお寺の前を通ります。

IMG_0695.jpg

中に入ってみるとこんな看板がありました。

IMG_0693.jpg

立派に仕立ててあります。

IMG_0696.jpg

手間もかかるでしょう。

IMG_0694.jpg

こじんまりとした綺麗なお寺でした。

IMG_0697.jpg

先へ向かって進みます。

IMG_0698.jpg

この先は池鯉鮒宿になります。

本日もご訪問ありがとうございました。

まもなく5月です。

柏餅、こいのぼりの季節です。

Z50_0188.jpg

まだ、オリンピックの事でウジャウジャ・・もういい加減に「止める」と決めれば・・

日本のSもIOCのBも・・・

nice!(71)  コメント(23) 

引き続き休みます 4月24日(土) [独り言]

調子が回復しません。

引き続き様子見ます。

気温の上下、が激しすぎます。

コロナではないので、ご安心ください。

お休み.jpg

nice!(74) 

今日休みます [独り言]

都合により本日は休ませていただきます。

お休み.jpg

前回の返事も後ほどさせていただきます。

本日もご訪問ありがとうございました。

nice!(44) 

東海道歩き旅 17の1 4月19日(月) [東海道歩き(昔の記録)]

最近の天気予報は、ほぼ当たるようになってきました。

一昨日の夜は嵐のような天気でしたが、昨日の朝は好転、綺麗な青空になりました。

但し、日本海側は、場所によっては雹、霰が降った所もあり、まだまだ冬の気候です。



八重桜もほぼ散ってしまい、今はツツジがあちこちで咲き誇っています。

体調はあまり思わしくなく、家でゴロゴロしていることが多いです。

なんとか毎日ストレッチは続けています。

数週間前には左足が不自由で、立つことも不便でした。

ストレッチと軽いスクワットで何とか回復してきました。

++++++++++++++++++++++++

2009年~2012年の東海道歩き旅の記録を続けます。
10年前はこのブログはまだ始めていませんでした。
 東海道歩きの記事は始めて公開します。
掲載している写真は当時のものです。
記憶が曖昧な部分もありますので、ご了承願います

20100805title1.jpg

この日は前日に豊橋で泊まり朝から歩いて、藤川宿の入り口まで来ました。

手作り風の案内が立っています。

すでに岡崎市に入っています。

IMG_0636.jpg

本宿の一里塚跡の石碑です。

IMG_0638.jpg

本宿の入り口の案内です。

松並木の一部が使われています。

IMG_0639.jpg

名鉄の線路に沿って進みます。

この車両は、2,3年前まで走っていた成田エクスプレスとそっくりですね。

IMG_0640.jpg

こんな案内もありました。

ここから藤川宿の中心地になるようです。

IMG_0641.jpg

畑の中に常夜灯ポツンと立っています。

これならばよく目立ちますね。

IMG_0642.jpg

昔ながらの旧街道を進みます。

IMG_0645.jpg

藤川宿の中心、本陣跡の案内です。

IMG_0646.jpg

小さな空き地に石碑が立っていました。

IMG_0647.jpg

道は静かな道に変わります。

IMG_0648.jpg

西棒鼻跡の案内です。

IMG_0650.jpg

広重の絵です。
幕府から朝廷へ馬を献上する行列の様子です。旅人たちがこの行列に土下座をしています。

38藤川.jpg

松並木の道に変わります。

IMG_0652.jpg

今度は国道沿いの道になり、うるさい道になります。

IMG_0655.jpg

静かな松並木と合流したり、一緒になったりします。

明治以降、国道を作る時、旧街道と並行して作られたところがほとんどです。
(又は、旧街道が拡幅してそのまま新しい道になった所)

IMG_0656.jpg

大平(たいへい)一里塚です。

江戸から80番目(約320km)の一里塚です。

比較的、昔の姿が残っています。

IMG_0659.jpg

道路は行き止まりになり、地下道で国道を渡ります。

これも旧街道歩きでしょうか。

IMG_0660_.jpg

国道の反対側に変わります。

IMG_0662.jpg

更に旧東海道を歩いていくと、前方に冠木門が見えて来ました。

二十七曲りの案内石碑と要所にあった木戸(門)を冠木門として再現したと言われます。

ここ岡崎は家康の生誕地であり、先祖の松平家の本拠地でもありました。

岡崎に入部した田中吉政が東海道を城下に引き入れました。

城の防衛上、27曲りと呼ばれるように多くの曲折をなした街道を作りました。

IMG_0663.jpg

現在では戦災や戦後復興の道路拡張のため宿場町としての面影はほとんど残っていません。

旧東海道に建立されていた城下27曲りの石碑を参考に旧街道筋をたどることができます。

このような道は掛川にもありました。

IMG_0664.jpg

地図ではこうなっています。

okazaki.jpg
道路の角には案内が立っています。

IMG_0665a_01.jpg

街は普通の都市の町並みです。

IMG_0667.jpg

この日は赤坂から歩いてきました。

また、この日は家に帰る予定でした。

腹ごしらえも必要です。

良いにおいがしてきました。

この店に吸い込まれました。

okazakiunagi_01.jpg
(Google ストリートビュウ)

関東風の焼き方ではなく、皮がパリッと焼いてあり、美味しいウナギでした。
(残念ながら写真はありません)

東海道をもう少し歩きます。

岡崎城が見えてきました。

IMG_0669.jpg

若き徳川家康が暮らした岡崎城の城下町として、府中宿の次に大きな宿場町でした。

絵には東海道一長い橋・矢矧橋が精密に描かれています。


39岡崎.jpg

駅の方に向かいますが、八丁味噌のショールームがありました。

家へ持って帰るには少し重いですが小さなパックを買いました。

IMG_0670.jpg

駅まで歩いて名鉄電車に乗ります。

この日はここから大船まで帰ります。
名鉄岡崎公園発 14:43
豊橋(JR)発15:28発
浜松発16:01発
熱海発18:59発
国府津発19:33発
大船着20:03着
総時間(休憩含む) 7時間30分
     歩行時間         5時間53分
 歩行距離(概算)  20.7Km
       この区間の歩数 31,810歩
       この日の総歩数 36,324歩

2010年8月5日の東海道歩きの記録でした。

本日もご訪問ありがとうございました。

++++++++++++++++++++++++

コロナワクチンの接種は進んでいるかに報道されてはいます。

実際のスケジュールは聞くたびに 遅れて、9月とか何とか言っています。

予防するしかありません。

nice!(71)  コメント(22) 

東海道 歩き旅 16の3 4月16日(金) [東海道歩き(昔の記録)]

前回の記事で今週は病院に2回行行かねばならないと記載しました。

私の勘違いで、1回でした。

一昨日は雨降り、強い雨になるという予報でした。

最近は朝一番に行くことが多く、タクシーに乗ることが多いです。

幸い、数分で来てくれるので、助かります。

それにしても、かなり強い雨でした。

港南台から帰る時もちょうど止んでいる時でしたので、濡れずに帰ることが出来ました。

++++++++++++++++++++

東海道歩きの続きです。

2009年~2012年の東海道歩き旅の記録を続けます。
10年前はこのブログはまだ始めていませんでした。
 東海道歩きの記事は始めて公開します。
掲載している写真は当時のものです。
記憶が曖昧な部分もありますので、ご了承願います。
20100805titless.jpg

8月4日は、赤坂宿まで歩いて、豊橋まで戻り、ホテルに宿泊しました。

翌朝、名鉄電車に乗り込みます。

朝早かったので、直通電車はありません。

「国府」(こう)で乗り換えです。
この辺りの電車事情はよく分かりません。

IMG_0603ss.jpg

まだ静かな駅です。

IMG_0604ss.jpg

一宮行きの電車にのります。

IMG_0605ss.jpg

6時過ぎに赤坂駅に着きました。

IMG_0606ss.jpg

歩き出すとすぐにこんな交差点がありました。

IMG_0607ss.jpg

小さな公園がありました。

IMG_0608ss.jpg

赤坂宿のお祭りの看板です。

IMG_0609ss.jpg

東海道の通りには昔ながらの家が並んでいます。

IMG_0610ss.jpg

昔ながらの商売でしょう。

IMG_0611ss.jpg

大橋屋、1692年創業の旅籠で、広重の絵のモデルともいわれています。

IMG_0612ss.jpg

広重の絵です。

37赤坂.jpg

東海道で21世紀まで営業を続けた唯一の旅籠がある宿場です。
現在でも当時の様子が色濃く残っています。
「御油や赤坂、吉田がなけりゃ、なんのよしみで江戸通い」
という言葉があるほど活気ある宿場でした。


私はこの時も営業しているとは思っていませんでした。

後から考えれば泊まればよかった。

IMG_0613ss.jpg

こんな看板があります。

IMG_0614ss.jpg

先へ進みます。

この日も良い天気でした。

IMG_0616ss.jpg

こんな名前のバス停がありました。

都市部では考えられません。

IMG_0618ss.jpg

長沢城跡の案内、この辺りは小さなお城が各所にあったのでしょう。

IMG_0620ss.jpg

進んでいくと、常夜灯が立っています。

IMG_0621ss.jpg

普通の街道歩きになります。

IMG_0622ss.jpg

長沢の家並、こういう道は旧街道らしい通りです。

IMG_0623ss.jpg

観音堂でしょうか?

IMG_0624ss.jpg

名鉄の線路に沿った道になります。

IMG_0626ss.jpg

岡崎市に入ります。

IMG_0627ss.jpg

岡崎市本宿(もとじゅく)に着きました。

IMG_0628ss.jpg

今は特に街並みがあるわけではありません。

藤川宿の入り口です。

IMG_0630ss.jpg

古い町並みを進みます。

IMG_0634ss.jpg

藤川宿の浮世絵(広重)です。

幕府から朝廷へ馬を献上する行列の様子です。旅人たちがこの行列に土下座をしています。

38藤川.jpg

道は少しそれますが、地図があるので間違えることはありません。

IMG_0635ss.jpg

岡崎に向かって進みます。

続きは次回に。

本日もご訪問ありがとうございました。

+++++++++++++++++++++++

昨日は良い天気でしたがまだ少し寒い風が吹いていました。

今は新緑の世界です。

Z62_0185ss.jpg

フリージアもまだ咲いています。

Z62_0187ss.jpg

コロナは治まるどころか、どん
どん酷くなっています。

SGは国内をほったらかしてアメリカへ飛んでいきました。

また、子ども庁創設に向けて、2F爺さんを指名したとか・・

80過ぎた爺さんに何が出来るのでしょう??

この人(SG)はどんな頭をしているんでしょう。????

昨日はよい天気でしたが、今日からまた崩れるそうです。

私には関係ありませんが、今週末も悪天候です。

nice!(74)  コメント(19) 

東海道歩き旅 16の2 4月11日(日) [東海道歩き(昔の記録)]

この数日寒い日が続いています。

桜が咲いている時は、ぽかぽか陽気で公園のベンチでゆっくり花見が出来ました。

桜が散ったとたん、寒くなり、家に閉じこもる日が続きました。

明日からは暖かさが戻るようです。

++++++++++++++++++++++++
東海道歩きの続きです。

20100804title.jpg

2009年~2012年の東海道歩き旅の記録を続けます。
10年前はこのブログはまだ始めていませんでした。
 東海道歩きの記事は始めて公開します。
掲載している写真は当時のものです。
記憶が曖昧な部分もありますので、ご了承願います

IMG_0560.jpg

吉田宿を後に、豊川の橋を渡ります。

35吉田.jpg

橋を渡ると普通の道になりました。
IMG_0563.jpg

下地の古い町並みを通ります。

IMG_0564.jpg

この日も暑い日でした。

IMG_0565.jpg

突然、魚市場の前に出ました。

IMG_0568.jpg

魚市場の横を通って、豊川市に入りました。

IMG_0570.jpg

たまたま通った道沿いにスーパーがありました。

IMG_0572.jpg

カットフルーツを買って、休憩です。

IMG_0571.jpg

一息ついて進みます。

伊奈立場茶屋跡の石碑です。

IMG_0573.jpg

太鼓屋さんがありました。

IMG_0574.jpg

伊奈の一里塚跡の石碑です。

IMG_0575.jpg

本越坂の追分に立っている常夜灯。

本越坂とは、「姫街道」と呼ばれる浜松へつながる道。

IMG_0585.jpg

御油の一里塚跡。

江戸日本橋より76里。

IMG_0583.jpg

こんな所です。

20100804map.jpg

古い町並みのタバコ屋さん。

看板娘はいません(笑)

IMG_0586.jpg

御油(ごゆ)に近づくにつれて、川沿いに歩きます。

ここでも手筒花火をやるんでしょうか?
(昨年からは中止らしいです)

IMG_0588.jpg

さすが、旧街道、こんな細い道もあります。

IMG_0589.jpg

大きな倉庫がありました。

イチビキ醤油の醤油蔵です。

名古屋で醬油と言えばイチビキは有名ですね。

IMG_0590.jpg

いよいよ、「御油の松並木」に入ります。

IMG_0591.jpg

ここは、宿場でした。

36御油.jpg

夕暮れ時、旅籠の女が旅人を無理矢理引きずり込もうとしている一枚です。

観光地になっていて、丁寧な案内もあります。

IMG_0592.jpg

松並木の中は車が通りますが、車に気を付ける必要があります。

IMG_0594.jpg

御油宿と赤坂宿は1km程しか離れていません。

赤坂宿のはずれに近づきました。

これは民宿でしょうか??

IMG_0598.jpg

赤坂宿の地図が掲示してあります。

IMG_0600.jpg

赤坂駅の近くの案内板。

IMG_0601.jpg

歩いて5分程で名鉄の駅に着きました。

IMG_0602.jpg

この後、豊橋に戻り、一泊して次に続きます。

本日もご訪問ありがとうございました。

今週は病院通いが、二か所あります。

更新は不定期になります。ご了承ください。

nice!(85)  コメント(19) 
前の10件 | -